コンテンツへスキップ

近年人気のフォトウエディングは新郎新婦だけで行うカップルが多いものでしたが、
挙式や披露宴を行わないかわりに家族で行うことも増えています。

記念となる写真ですので美しい姿を残したいものですが、中には思い描いてたものとは違った仕上がりになってしまったという方もいます。家族とのフォトウエディングを
行う場合、どのようなポイントに気を付ければよいのでしょうか。

まず、フォトウエディング全般の注意点ですが、費用の確認は大切です。パッケージ料金で含まれるサービスの確認が不足していると、思い通りの仕上がりにならずに後悔したり、予算をオーバーしてしまったりします。

費用の相談

ドレスを複数着たい、ヘアメイクスタッフはいるのか、アルバムの作成費用はどのようになっているか事前に確認しておくことで、理想の写真に近づけることができます。

ヘアメイクに関しては、どのようにしたいかイメージの写真を持参すると打ち合わせがスムーズです。また、両親や兄弟の服装の統一感を出すことも大事なポイントです。全員の服装を洋装か和装で統一する必要はありませんが、フォーマルな服装にしてもらうか、カジュアルな服装にするかは決めておくと統一感が生まれ美しく取れます。

フォトウエディングは打ち合わせが重要

結婚式を行わないフォトウエディングは、形に残る思い出となる大切なイベントです。挙式や披露宴を行わない寂しいものというイメージを持たれることもありますが、写真だからこそ美しく思い出を残せるものでもありますし、家族と撮ることでゲストへの
対応などがない分、しかっりと両親にもドレス姿を見てもらうことができます。

打ち合わせ

写真だけであるからこそ美しいものを残したいと考えるかたも多いものですが、結婚式と同様にフォトウエディングで最高の一枚を撮るためにも打ち合わせは重要です。

まず、ロケーション選びも写真の仕上がりを大きく左右します。和装か洋装、またはどちらも着たいなど、衣装によって写真を撮るロケーションも変わるので、衣装に合ったロケーションを選びましょう。

写真の場合、結婚式場だけではなく、公園や海など屋外も選ぶことができます。ただし、屋外などで撮る場合は室内で撮る時と比較すると撮影時間も人数が増えるほど準備に時間がかかりがちなので、慌ただしくて綺麗な写真にならなかったということは避けたいものです。

打ち合わせをする時には、撮影時間についても確認し余裕のある予定を組むようにしておくと安心です。

前撮りで一番人気となっているポーズと言えば、お互いのお鼻をくっつけるポーズになるでしょう。相手の顔をより近くで感じられるので見つめ合う瞬間を作り出すことができますし、愛し合っている雰囲気をしっかりと写真におさめることができるので、これから結婚することを実感できる魅力的な仕草と言えます。

また、どのようにお鼻をくっつけるのが一番良いかと言うと、がっつりとお互いの鼻を付け合うのではなく、軽く触れる程度で程よい距離を保つのがポイントです。

なぜなら、がっつりとくっつけてしまうと見つめ合う距離感が出来上がらなくて何とも不格好な姿になってしまうため、相手の目を見つめることができる距離感を大切にすることが一番だからと言えます。

そして、女性側がベールで顔を覆っている場合、なるべくそのベールは後ろの方にどかしておくことが重要です。ベールを付けたままでも十分に雰囲気を作ることができるのですが、二人の顔を綺麗に見せられるようにした方が圧倒的に美しく感じるため、余計なものは一切排除して二人だけの空間を作り出すことがポイントになってきます。

最初はちょっと恥ずかしいと感じるかもしれませんが、次第に慣れてきて幸せな気持ちの方が勝ってくるので、まずは一度試してみてください。

ポーズを決める

もっと高度な仕草に挑戦してみよう!

前撮りを更に最高級の仕上がりにしたいと考えている場合、鼻同士をくっつけるのではなく、もっと距離を近づけられるおでこをくっつける仕草に挑戦してみてはいかがでしょうか。

カメラマン前でポーズ

お互いのおでこをくっつけることで信頼関係の証を作ることができますし、キスをするのかしないのかという絶妙な距離を生み出すことで、見ている側もドキドキとした感覚になって幸せを感じられるのでおすすめです。

ただし、この前撮りの仕草をする場合、メインは二人の顔が中心となってくるため、できるだけアイメイクにこだわるなどして容姿に気を使うことが大切になってきます。

前撮りは全体で撮影する方法と顔を中心にして撮影する方法の2種類がありますが、全身だと特に気にならなかったメイクのヨレなどが顔をメインにすることでくっきりと浮かび上がってきてしまうので、その心配がないようにきっちりとしたメイクをすることは基本となります。

また、前撮りはお互いの雰囲気づくりが最も大切になってくるので、写真を撮る際にはできるだけ笑顔を作るように心掛け、相手の目をみたりそっと頬に触れたりしてスキンシップをとるようにしましょう。

プロの方に撮ってもらうので緊張することは当然ですが、いつもの二人から変わらないままでいることが成功させる秘訣になります。

現代では、結婚を控えた愛し合う男女の幸せな結婚写真を
残しておくために、京都の風情漂う荘厳な雰囲気の中や
スタジオなどで前撮りしてもらうカップルが多く見られるようになりました。

京都では、プロのカメラマンやヘアメイクスタイリストが
高度なテクニックなどを駆使して美しく撮影してくれます。

なおプロカメラマンといっても普通の写真家とは違って、
前撮りのスタッフさんというのは環境づくりがすごくうまいです。

一緒に町や寺などを歩いて雰囲気づくりをしてくれます。

花嫁が重視しているお洒落な衣装はもちろん、カラフルで華やかな
アクセサリーや下駄やバッグなども自由に選ぶことができますので、
絶対的な人気と信頼を誇っているのです。

誰でも手軽な料金で前撮りできるこのようなサービスは、
結婚を約束したカップルたちの間で口コミによる評判も
増してきているのです。

このように、一生に一度の大切な記念として、京都の伝統的な衣装や
雰囲気を味わいながら残しておける結婚写真は、多くの人々から
厚い信頼と感謝の声が多く聞かれています。

これからも、その人気はますます高まっていくとみられています。
若い世代だけでなく熟年夫婦からも注目を浴びています。