コンテンツへスキップ

結婚式を盛り上げるために活用すべきアイテム

普段何気なく過ごしていると、ある時急に身近な人から声をかけられることがあります。それは友人や職場の同僚、兄弟に親戚など様々ですが、近いうちに結婚することになったという内容かもしれません。その場でおめでとうという言葉を伝え、結婚式には是非招待してくれと言うはずです。

オープニングセレモニーそして後日自宅に結婚式の招待状が届いたら、何とかしてその場を盛り上げようと考えるのではないでしょうか。挨拶やスピーチで場を和ませたり、結婚式にふさわしい歌を歌ったり、昔のエピソードトークなんかを披露するかもしれません。

ただし結婚式当日は新郎も新婦もやることが多いですし、招待客のことをあまり気にかけられないはずです。そこでさり気なく場を盛り上げるためにも、前撮り写真を活用したオープニングムービーを制作してみてください。

前撮り写真を撮影する時はデジタルカメラや一眼レフカメラを使っても良いですし、現代ではスマートフォンの性能も上がっているので、活用してみても結構です。

これらを用意するのにもそれほどお金はかかりませんし、近隣の家電量販店やカメラ専門店、インターネット通販などで簡単に手に入ります。空いた時間を利用し、自分にふさわしい一台を買って用意しておくと良いです。

前撮り写真の編集には専用ソフトの活用を

この前撮り写真を撮影するのは、結婚式当日の数週間から数ヶ月前のあまり忙しくない日を選びましょう。気の合う人達同士で歓談をしつつ、リラックスした雰囲気の中で撮影を行います。参加者みんなのリラックスした表情が思う存分撮れますし、最高のオープニングムービー作りに役立てられるはずです。

専用ソフト
ちなみにここで撮影した前撮り写真を上手に編集するには、パソコン用のソフトを使います。有料のソフトを購入して使っても良いですが、簡単な編集で大丈夫なら無料のソフトでも結構です。インターネット上で探せばいくつも見つかるので、速やかにインストールを済ませておきましょう。

ソフトの中には分かりやすいマニュアルがちゃんと用意されているので、基本的な部分に目を通します。後は実際にソフトを使用しながら作り方を勉強していけば良いので、どんどん前撮り写真の編集作業を進めていくと良いです。

そしてやっとのことで前撮り写真を使ったオープニングムービーが完成したのなら、すぐに結婚式を仕切る予定の会社の担当者に渡してください。出来上がったオープニングムービーを式の最初からずっと流してもらうよう指示しておけば、きっとその場が盛り上がるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。