目玉賞品にかける予算はどれくらいが妥当?

忘年会や結婚式の二次会などで景品を用意する時には
予算内でうまく用意することが大切です。

どういった点に気をつけると良いかというと、
目玉となる景品のお金のかけ方に気をつけると良いものです。

パーティ

とびきり高い物にした場合には、参加者の注意を引くことは
できても、予算オーバーになってしまいます。

逆に安い物や普通の金額の物にした場合には、
予算内に収まるとしても、インパクトがなくて
注意を引くことはできなくなってしまうものです。

ですから、予算内に収めつつ、景品ごとの金額差を
意識して、目玉となる景品の金額を高めにすることが
大切と言えるわけです。

喜ばれる

妥当なのは、10,000円から20,000円ぐらいです。

これ以上下げると派手さがなくなってしまいがちですし、
これ以上上げれば予算が厳しくなってきて、他の景品が
安っぽい物になってしまうかもしれません。

ちなみに、目玉景品としてよく選ばれるテーマパークの
ペアパスポートは、この金額の範囲内で用意できるものです。

ブランド和牛もよく用意されることがある景品ですが、
これもこの金額の範囲内です。

中には、10,000円よりも安い物もありますので、
あまり予算がないけれどインパクトのある物は
入れたいという時でも安心です。

なお、生活家電の場合には金額が高い商品がありますので、
一番高い景品が50,000円を超えるということもあるものです。

このように、ジャンルによっても違いが出てくるものです。

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing