忘年会の景品にかける予算は?

年末になると会社関係や友人達との忘年会が
増えてきますよね。

1回ならまだしも、営業先の方々やお客様だったり、
友人達との飲み会がいくつもあると出費が
かさんでしまいます。

年末は大掃除や年賀状の準備もありますし、
普通に過ごしていても忙しいのに忘年会が何度も
あっては疲れてしまいますよね。

忘年会

特に会社関係では、お酒を飲んで料理を食べて
1年を振り返りながら、最後はビンゴゲーム大会などを
して景品がもらえるという企業が多いでしょう。

景品がもらえるということは、その分料理代とは別に
お金を徴収されているということです。

良い景品を用意しようとするとそれなりの費用がかかるので、
一人一人から徴収するお金も高くなります。

ですが、安くしすぎると今度は一人一人の費用負担は
減りますが、安すぎる景品が当たっても特別感は
ありませんし、あまり嬉しくもありませんよね。

ですから徴収する時は費用負担が大きすぎないように
心がけることが大切です。

幹事の人は景品を買うのにどれくらいの予算で
買ったほうが良いのか悩みますよね。

盛り上げる

また、徴収した予算内で景品を買わなければいけませんので、
一人からいくらくらい徴収すればよいのかも考えると思います。

一人一人から徴収する予算としては一人あたま
1000円くらいがベストでしょう。

それ以上高すぎても低すぎても景品のクオリティーで
不満に思う人はでてきてしまいます。

しかし数が多ければ多いほど一人あたまの金額を安くできて、
良い商品を買うことができるので一人一人の費用負担も軽減
して尚且つ良い景品を予算内で買うことができるので、良い
忘年会にすることができるでしょう。

コメントを残す

WP-SpamFree by Pole Position Marketing