事故車のオークションをめぐる訴訟の現状

事故車をオークションで落札した人の間では、出品者の不備を指摘して訴訟を起こすことが一般的なこととなりつつあります。

特に、事故車の状態を詳しく説明している出品者の数は、それほど多くは無いといわれており、もしもオークションサイトからこうした車を購入する際には、十分に注意をすることが求められています。
例えば、数十万円から数百万円程度の事故車をオークションで落札をすることによって、経済的な負担が生じることがあるため、場合によっては訴訟を検討することが勧められています。

最近では、オークションサイトのシステムに落札者に対する保証制度などが設けられていることもあり、トラブルのリスクを回避するためにも、こうしたサービスを利用することが有効です。

事故車の売却方法について少しでも関心を持っている場合には、手続きの方法や売却価格などについて十分にこだわりを持つことが良いとされ、くれぐれも説明責任をしっかりと果たすことが重要です。

中古車屋で販売される事故車は買取価格も安くなる

中古車屋では事故車が低価格で販売されていることも多いものですが、それだけにお得な車のように見えて、問題が無いのであれば事故車の購入も検討しているという人も多いのではないでしょうか。

一般的に事故車というのはどのようなトラブルが起きるかわからないだけに、車の知識が無い人にはあまり勧められることのない車ですが、十分な知識を持った上でこのような車を選ぶことに関しては大きな問題になるようなことはないのです。

しかし、車のことに関して知識があっても、車の価値のことに関して知識がないと、やはり損をしてしまうこともあるのです。
販売されている事故車というのは金額は安いものですが、当然手放す時にも買取価格が非常に安くなってしまうことがあります。

そのため、事故を起こしていない車であれば値段がつくにもかかわらず、事故を起こした車というだけで程度に関係がなく値段がつかないということもあるため、事故車を購入する時には手放す時のことも考慮に入れるようにしましょう。

事故車をオークションに売るなら運転を

事故車をオークションに出す場合にはまずは運転をしてください。

明らかに運転ができないほど損傷している場合にはしなくてもいいのですが、そこまの損傷でない場合には実際にエンジンを賭けなければ走れるかどうかわかりません事故車でも自走できるかできないかによってオークションの落札額が違ってくるのです。

もしもその事故車を使わない場合でも自走できる車なら落札後にレッカー移動する料金がかからないからです。

余計な費用がかからない分落札額も少し高くなります。

また使う場合でしたら修理をすれば中古車として使えます。国内はあまり事故車には需要がありませんが、海外の方は日本の事故車を購入することが多いのです。

一度車を売る前に走らせてみて何か不具合が無いかどうかも確かめてみましょう。オークションで車を売る場合はお客様に不安を与えてはいけません。

きちんと不具合を明記しておけばお客様は納得して落札してくれます。これは出品する側の義務なのです。

事故車買取で高額になりやすいパーツは?

事故車のパーツは純正か取り付けによって、査定額に差はそれほどありませんが、純正の部品を好むユーザーが多いため、純正の部品は買取業者の車の査定額が取り付けに比べると高額になりやすいです。

事故車によっては、人気の高い社外部品が付いていることがあり、人気の高い社外部品はひとつひとつの部品が買取業者に高額で買取をしてもらうことができます。

また、純正品の部品を取り寄せたくても、メーカーで絶版になった部品の場合、中古市場で高額でしか見つからないこともあるので、事故車にメーカーで絶版されている部品が付いていると、高い値段が付くことがあります。

国内で修復歴などがある事故車でも海外のマーケットでは気にしないで購入するユーザーも多いので、海外では国内の汎用性がある部品の需要も高く、それなりの値段で買取してもらえます。

事故車でもパーツとしてはマイナス面はないため、損傷していなければ、どの部品でも買い取り価格を下げられないで済みます。

内装が凝っている事故車の買取について

事故車だからといって、買取において悲観的になる必要はありません。

事故を起こした車はマイナスポイントが多いとはいえ、まだまだ評価される部分も残っています。

例えば、内装が凝っている車の場合は、車内のいたるところに高級パーツが備わっていますが、こうした高級パーツのおかげで査定額が上昇する可能性があります。

また逆に、内装のカスタムをまったく行わずノーマル状態を保つことにより、評価が上がるということもあります。

いずれにせよ、内装は車査定の大きな評価対象になりますので、事故車だからといって査定で諦める必要はありません。

ただし、事故車であるかないかに関わりなく、あまりにも過度なカスタムを施していると、そのことが減額の対象になることもありますので、その点にも注意しておいてください。

カスタムで評価されるのは、純正であること、また高級パーツが備わっていることです。

ただ見た目を派手にしただけのカスタムは買取査定では評価されません。

パンバーが大破した事故車の買取の注意点

バンパーが大破した事故車の買取を行うときの注意点が、一つあります。
それは、バンパーが大破した惨状を見て絶望的になり、何も考えずに廃車にしてしまうことです。

あくまでも買取を希望する場合、これは絶対にやってはならないことです。

なぜなら、事故車を廃車にしたら、利益をもらうことはできなくなるからです。廃車にすれば売却代金はなく、手数料を支払わされるだけです。

儲けはなにもなく、車体の廃棄処分をこちらから依頼する形になるので、利益はまったく出ないのです。したがって、あくまでも買取を希望して少しでも利益を出すためには、業者に買取を依頼しなければなりません。

廃車と買い取りではまったく性質が異なるので、この点を間違えないようにしてください。

廃車とは、こちらからお金を払って廃棄処分にすること、買い取りとは、車を引き渡して売却代金をもらうことです。

ちなみに、バンパーが大破した事故車であっても売却することができます。

事故車の破壊箇所による買取金額への影響は?

今は多くの人が車を所有して乗るような時代になっているので、事故も起こったりする可能性があるものなのです。

どんなに交通ルールを守っていても、事故をもらうということもあるのです。
そうなったときに、大切にした車であっても乗り続けることができなくなったりするものです。

事故車になると、価値がいきなり下がってしまってがっかりしたりするものですが、今は専門の業者が事故車でも買取をしてくれるようになっているので、それを利用してみるといいでしょう。事故車を買い取ってくれるのは、事故で損傷のなかった部分を中古パーツとして取り出して再利用したり、軽度の損傷であれば修理をして販売をしたり、海外への輸出をしたりするからなのです。

ですから、故障箇所によって残っているパーツを活かす形になるので、買取の金額にも影響が出てくるというわけなのです。

そういった仕組みをしって、一括査定などをしてもらって、どの業者に依頼をするのかを決めていくようにするといいでしょう。